肌の汚れをきちんと落とす

スキンケアの基本は、洗顔です。毎日洗顔をして、しっかり汚れを落とさなければ、その後につける化粧水や美容液も、十分に浸透せずに効果が発揮されません。さらにメイクもうまくいかなくなります。

洗顔の目的は、肌についた汚れをキレイに落とし、清潔にすることです。朝起きて直ぐや、ノーメイクだった日の夜の石鹸洗顔は、分泌され酸化した皮脂と、それについた汚れを落とすためにするものです。メイクをした日の夜は、メイクやその油分による汚れを落とすためのクレンジングをしてから石鹸洗顔をするダブル洗顔を行うようにします。

しかし、実際は自己流の洗顔を続けている人も多いと思います。ニキビが気になるとか、オイリー肌だからといってむやみにゴシゴシ洗う人や、1日に何度も洗顔してしまう人、さっぱりするから熱いお湯を使うなど、洗顔しすぎてしまうタイプです。これではせっかくのお肌を傷つけてしまいかねません。

もう1つ問題にあるケースがあるのが、洗顔不足です。乾燥しやすい肌だから、洗った後つっぱり感が嫌だからと、肌に負担をかけないように気を使っているように見えても、実際には汚れがきちんと落ちていなくて、これがトラブルのもとになってしまいます。

1日メイクをして過ごした肌は、メイクの油分と、外側からついた空気中の汚れ、内側から分泌された皮脂がくっついている状態です。そんな日でも、クレンジングだけでおしまいにしてしまったり、石鹸洗顔だけという人がいますが、これもトラブルの原因になります。

クレンジングは、メイクの油汚れを落とすためのものです。クレンジング剤を顔全体に伸ばし、メイクと馴染ませ、メイクが浮いてきたら洗顔します。

もう1つの洗顔不足は、朝の洗顔やノーメイクだった日は、石けんは使わずにぬるま湯ですすぐだけで大丈夫だと思っている場合です。この場合は皮脂が問題になります。皮脂は常に分泌されていますので、時間がたてば肌表面にたまり、酸化して変質し、ほこりなどと混ざって汚れとなります。

この汚れは油性のものなので、水やぬるま湯ですすいだだけでは取り除けません。この汚れが皮膚の表面の細かい溝や毛穴に溜まると、ニキビやくすみ、黒ずみのもとになりますので、きちんと石鹸を使って洗わなければなりません。

 

岩手県の脱毛サロン おすすめランキング TOPページに戻る

スポンサードリンク